イラストモード

オリジナルの漫画を描きながら
勉強のつもりで色々なイラストを描いてます。
漫画やイラストの制作過程を紹介、
日記のような物などもアップしてます☆

2016年11月17日

スペースチャンネル5「うらら」さんを制作中。とゲームの話。


iwrc-うらら2.jpg
影を入れてみると立体的に見えてきます。
あまりリアルにするとチャンネル5っぽくなくなるので
ほどほどにします。

iwrc-うらら3.jpg
ゲームの画面っぽくしたくて描いてみました。
「シチョウリツ」の文字は省きましたがパーセンテージは加えます。

iwrc-うらら4.jpg
プリンさん、だいぶ仕上がってきました。



【最近思ったゲームの話など】

「弟切草」などで知られるサウンドノベル(などに準ずる)ゲームの
代表的な作品の「かまいたちの夜」が
PSVitaでリメイクされるようです

これまでのシリーズではキャラクター表現をシルエットのみで
リアルな頭身でしたがリメイク版ではイラストで表現されます。
しかも頭身は低めで瞳の大きな「萌えキャラ」のようなデザイン。
これには賛否があるようですね。

私はイラスト表現や実写を取り込んだサウンドノベルも大好きですし
毛嫌いする気は全く無いのですが
なぜ「かまいたちの夜」をこのようにしてしまったのか
と疑問に思いました。
・・・いろいろ考えがあっての事だと思いますが

最初の思惑はわかりませんが
このシリーズ作の個性にもなったシルエット表現によって
人物の情報が制限され 個々の想像力に任せる事による
個々の最適な自己解釈によって描かれる
想像した人物像によって得られる快感が
怪奇なシナリオと相まって 忘れられない、
心に引っかかる作品に育っていったと思ってます。

もし 初作品からイラストで表現されていたら
これほどの話題作になったのか・・・は分かりませんが。

私の個人的な考えですが
特にゲームにおいて 「?」という想像による
曖昧な解釈ができる余地がとても大事で
イメージを楽しく膨らませる要素だと思います。

幸運にも私のゲームデビューは ファミコンの荒いドット絵でしたので
すごく想像する力を養えました。
「ゼビウス」や「グラディウス」の戦闘機がカッコよく見えていたり
「スーパーマリオ」も地下やら海の中などを巡る
本当に壮大な冒険劇でした。
「ドラゴンクエスト」も想像する余地の多いファミコン版の「V」が一番好きです。

ですがこの感覚は当然、個人差があります。
絵を描くことが大好きな私は想像することに喜びを得ていますが
その絵を見ることに喜びを得る人もいます
キャラクターに感情移入したい人もいれば
物語さえ追えればいいと思う人もいますし。

少し話がそれますが
最近は 解釈や想像力など、楽しむのに努力を要する娯楽は
注目されにくくなりました。
映画やアニメやゲームや小説、音楽や お笑いも
解りやすさが「正しさ」と感じている方が多い気がします。

今回 話題にした「かまいたちの夜」のシリーズは
私のような想像を楽しむタイプにとって貴重なタイプのゲーム
でしたので
丁寧に具現化されていく時代に寂しさを感じます。

解りやすい作品と 考える余地のいる作品、
どちらか一方に偏り過ぎず、両立できれば理想的ですよね。

posted by ビリジアン at 16:34| Comment(0) | 製作途中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: